==カルトナージュのお部屋==





ようこそ! カルトナージュのお部屋へ


お教室にも通って、いくつか作品も出来てきたので、カルトナージュのお部屋を独立させました。
カルトナージュとは、フランスの伝統工芸で厚紙に布や紙を貼り、箱などを作る工芸です。


画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
古いものから別のページになっています。
下の現行ログの数字をクリックすると見られます。


画像がぼけていたりしますが、ゆっくり見ていってくださいね。



[TOP] [検索] [Admin]

Book型箱


春に作った本型の小物入れです。この中にハンドタオルを入れて、異動なさる方にプレゼントしました。縦にして本立てにも立てられるので、結構重宝だと思います。
No.165
2006/07/17
持ち手蓋付き箱


ふたに金属の持ち手をつけたふた付きの箱です。ふたには内ぶたが付いており、箱にスポっとはめ込めるようになっています。内ぶたを箱の大きさに合わせるのに結構苦労しました。ふたの持ち手と箱側面の柄紙はカルタフィオッコさんで購入しました。

No.164
2006/04/29
Book型箱写真立て


以前カウプレ用に作った作品。作り方はお教室でやったものを参考に、大きさを変え、L版の写真が縦に2枚はいる形にしました。
型紙などがご入り用の方はこちらから。(パスワードが必要なので、メールにてお問い合わせください。)
No.163
2006/04/19
スカーフ入れ


お教室でつくったスカーフ入れ。今回は蓋付きの箱の練習がテーマ。私が独学で作っていた方法とはちょっと違った作り方で、とても勉強になりました。しかし、結構難しかった・・・
今回、プロバンス生地を使ったので、グレー台紙の色が出ないように、裏にホットメルト紙をつけてみました。ホットメルト紙の効果は抜群。ただし、蓋部分になるところまでつけてしまったため、蓋に綿を入れるとしわが寄ってしまうので、蓋に綿を入れるのを断念しました。本当は入れたかったんだよね。しかし、よい勉強になりました。
開けたところはこちらから
No.162
2006/04/10
ゴミ箱


お教室で作ったゴミ箱。初めて、大きめの作品を作ることになった1作目。ボンドをつけると乾いて上手に貼れずに苦労しました。また、側面が台形の形で、外側や内側の布を貼るときのあわせが難しく時間がかかりました。また、横田先生から内張をするときに小さめにとアドバイスをいただいたにもかかわらず、貼ってみると大きめになり、重なりがでてしまいました。う〜ん、残念。でも、それなりのできで、満足です。
No.161
2006/03/05
不思議な貯金箱


ちいのために貯金箱を作りました。マギーの生地でかわいく。ちょっと遊び心をいれて、お金の消えちゃう貯金箱です。私の得意分野(?)の技法を取り入れて作りました。
内側には自作のブリザードフラワーを入れて固定してあります。
お金を入れて、お金が消えちゃうところの画像は こちらから
これを見ると、仕掛けがわかっちゃうな。

No.160
2006/02/24
保険証入れ


お教室で作った、保険証と診察券が入るケースです。病院などに行くときに持ち運ぶのに便利です。この作品ではポケットの付け方の練習ができました。表も中も同じ生地で作っていますが、スキバテックスなどやクロスを使うと、もっとしっかり、丈夫に仕上がると思います。
No.159
2006/01/22
メモBox


カルトナージュ教室で作ったものです。
今回の課題はメモBOX。正方形の厚みのあるメモ帳を入れる箱を作りました。基本的な箱形なので、割と作りやすい形です。中級2作目。前の部分の処理が少し難しかったけど、結構スムーズにできました。前になる部分の底面と側面のつながりが、うまくできなかったので、先生は底を落とし入れるとおっしゃっていましたが、意外と最後に底を入れるときれいな仕上がりになるような気がします。再度挑戦です。
No.158
2005/11/13
リボントレー


カルトナージュのお教室でつくった作品。今回から中級にあがり、いよいよ、本格的に台紙を切り取る作業から入りました。いつも使っているイラステレーションボードより、グレー台紙は切りやすかったです。
切り取る作業からはじめたので、残念ながら張の作業は宿題になってしまいました。(先生はゆっくりやってくださいとおっしゃってくださったんですが。)先生がおっしゃっていたように、布の貼る順などに気をつかうと、もう少し見栄えがしたかもしれません。
りぼんをはずすと、平らな1枚の紙になるので、使わないときも収納も便利です。
No.157
2005/10/22
メモホルダー


CDケースや、写真立ての応用で、メモホルダーを作ってみました。背の部分をスキバルで作るものが多いのですが、1枚の布で表紙を作ったので、背の部分が弱い感じになってしまいました。ただ、布の柄は上手に生かすことができました。強度を考えるとやっぱり、背の部分はスキバルなのかな。

 参照「厚紙クラフト」
10_18_1.jpg
No.156
2005/08/20
窓付き箱


ふたにアクリル板をつけ、中が見えるタイプの箱にしてみました。箱の内側にふたの家蓋がすっぽりはまるような形になっているので、サイズを合わせるのにかなり苦労しました。また、参考にした本よりふたを小さめにしたので、割とスリムにできあがりました。
ちょっと、ふた用のスキバルのサイズが小さかったので、ふたを開けると若干、地の
厚紙が見えてしまうのが残念です。次回はもう少しケチらず使おうかな。

 参照 「はじめてのカルトナージュ」
No.155
2005/08/05
めがねケース


カルトナージュ教室で作っためがねケース。以前にも作ったことがあるけれど、側面が斜めになっていて、内張をするときにその部分の調整がとても難しかったです。
今回は、内張もビロードのようなもので、とっても高級感のある感じに仕上がりました。前回はリボンを付けて仕上げたので、今回はリボンなしのシンプルな形にしてみました。
ふたを開けたところ→こちらから
No.154
2005/07/16
メモボード


3月のお教室のときに作った作品です。うっかり、UPを忘れていて・・・
先生はペルメルとおっしゃっていましたが、いわゆるメモボードで、リボンのところにはがきや、メモがはさめるタイプの物です。作り方はとても簡単ですが、ボードが大きいので、まんべんなくボンドをつけていくのが、ポイントかもしれません。
No.153
2005/05/25
はがき入れ


はがき大のファイルです。サイドはじゃばら折りになっていて、中にはしきりが1枚入っています。じゃばらの折り方が難しくて大変でした。
横田先生に教えていただいて作ったので、何とかできました。色合いもとても落ち着いていて素敵に仕上がりました。
No.152
2005/05/20
めがねケース


めがねケースです。側面が斜めになっており、奥の方が深くなる形の箱です。結構幅が小さめで大きなめがねは入らなそう・・・ ペンケースでもOKかもしれません。こちらもBUNNYちゃんのところへお嫁入りしたので、以前に交換していただいたときの、箱とおそろいの布で作っています。

  参照 「厚紙クラフト」
No.151
2005/03/06
CDケース

お教室で習った写真立てを応用して、CDケースにしてみました。基本的な作り方は同じですが、ケースを入れられるポケットを作り差し込んであります。(開いたところを見てもらえると分かるかな?)
BUNNYちゃんのところへお嫁入り。

参照 「はじめてのカルトナージュ」
No.150
2005/03/06
落としぶたBox


こちらもカルトナージュ教室で作った作品。こちらは一般的なBoxの基礎が学べました。また、ふたにあなを穴を開け、リボン状にした生地をはめ込み作ってあります。リボンがでこぼこしないようにふたの裏側にも細工してあり、初めて作ったパターンでともて勉強になりました。同じようなBoxをまた、作ってみたいな。
No.149
2005/01/30
Book型箱写真立て


カルトナージュ教室の初級第1号の作品。キットから作ったので、ずれもなく、とてもきれいにできあがりました。
手漉きのマーブル紙を使い、本のような素敵な写真立てが出来ました。
開いたところはこちらから
No.148
2005/01/30

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

PASS

++ ページを閉じてIndexに戻ってくださいね ++
TOP
shiromuku(u)ALBUMS version 1.21