==カルトナージュのお部屋==





ようこそ! カルトナージュのお部屋へ


お教室にも通って、いくつか作品も出来てきたので、カルトナージュのお部屋を独立させました。
カルトナージュとは、フランスの伝統工芸で厚紙に布や紙を貼り、箱などを作る工芸です。


画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
古いものから別のページになっています。
下の現行ログの数字をクリックすると見られます。


画像がぼけていたりしますが、ゆっくり見ていってくださいね。



[TOP] [検索] [Admin]

クリスマスツリー


カルトナージュでクリスマスツリーを作ってみました。この作品は、パッチワークで作られた小さな三角をいくつもつなげたツリーのイメージで作った物です。
生地はクリスマス柄で、特に内張はすっきり見えるように2種類の生地を使ってみました。
棚のようになっているのでオーナメントを置いてインテリアとしてもかわいらしく使えます。
オーナメントを置いたところはDiaryから
No.359
2008/11/07
持ち手付きトレー


側面が台形のトレー。真ん中に持ち手がついていて、お菓子や果物などを入れるととても重宝な作品です。
本体の組み立て後の縁取りや外・内張のサイズ合わせの細かい作業に時間がかかりました。
内張に使った生地をどうしてもこの作品に使いたかったので、私としてはとても満足なできあがりになりました。  

No.358
2008/10/11
可動式お道具箱


2段重ねのお道具箱です。上の段が可動式になっていて、両方に開くようになります。可動バーの取り付けにとても苦労しました。重さを考え、可動バーも片側2本入れて作っています。
中は小さな金属パーツなども収納できるように細かい仕切りや、可動内箱を付けて機能的にしました。
中を開けたところはDiaryから。


No.357
2008/09/15
リングケース


何の変哲もないキューブ型箱ですが、開けるととってもかわいらしいリングケースになっています。カルトナージュではとても人気の高い形です。
外張りはプリントペーパーで、リングを差し込む部分はウールペーパーで少し、高級感を出しました。
箱がしまっているところはこちらから
No.356
2008/09/07
ペン立て Part2


多面体のペン立て。
側面の形は三角形ですが、底面と入り口は正方形になっています。一見複雑そうですが、どうなっているかを理解すると意外と簡単に作ることができます。
外張りはプリントパーパーで、入り口の縁取りにグリーンのスキバルテクスを使い、ちょっとしたポイントになるようにしてみました。また、内張は鶯色で落ち着いた感じ仕上げました。
No.355
2008/08/30
ジュエリーケース2


小降りのジュエリーケースを作ってみました。内箱を作る際に蓋がスムーズに閉まらなかった(へたくそなんですよね・・・)ため、一辺一辺を貼り付けず、独立させて作りました。そのため、仕切りを入れるのに、内張の貼る順序をを少し工夫しました。
表はすべて同じ生地で作りましたが、無地の生地などとあわせた方がしまった感じになったかもしれません。

開けたところはこちらからどうぞ。
No.354
2008/08/27
三連フォトフレーム


カルトナージュではわりと定番のフォトフレーム。フレームの形がちょっとかわいらしい感じになっています。このフレームは二重になっていて、色あわせにとても悩みました。一番外側の紙にエンボスのペーパーを使ったので、なるべくそれを目立たせるために内側の布クロスをピンクに、また内側フレームは淡い色合いのものにしたのですが、ピンクがいまいちだったかなと思います。確かに周りは目立つのですが、なんだかアンバランス。失敗作品です。

No.353
2008/08/15
六角箱


折り紙の本などではポピュラーな形の箱。こんな形も厚紙でできてしまいます。薄い1mmのカートンと0.7mmの厚紙(板目紙くらいの厚さだと思います)を使って作っています。六角形の箱が折りたためる側面に貼られている感じになっています。型紙があったものの、側面の採寸がずれるときれいな六角にならないので気をついましたが、とてもかわいらしく仕上がりました。
No.352
2008/08/01
ミニ裁縫箱


ホビーラホビーレで購入したキットを使って作った作品。ふたをくりぬき、パッチワークとのコラボ作品にしました。パッチの部分はリバティの端布を利用しています。レースの四隅の処理がよく分からず、そのまま貼ってしまいました。
ふた裏には、ポケットをつけて小さなはさみなどが挟んでおけるようにしています。また、紙テープの芯を利用して共布でピンクッションも作りました。
開けたところはDiaryから
No.351
2008/07/20
アコーディオン式アルバム


カルタフィオッコさんのキットを使った講習で作ったものです。カルタフィオッコさんでは紙を使って作った作品を教えていただけます。このアルバムはリボンをほどくと両開きになるもので、中は蛇腹の紙が入っています。ウレタンボールというスポンジを使って紙でもぷっくり感を出してあります。できあがりがとってもかわいらしい感じです。青系の花柄プリントペーパーと水色の布クロスでさわやかな夏らしい作品になりました。
No.350
2008/07/15
お道具箱


以前、たかに作った筆箱の要領で、自分用の筆箱・・・というか、お道具箱を作ってみました。レッスンなどの時に入れていけるようなものと思って・・・
外側の生地はソレイヤードの赤い生地。落ち着いた色合いなので、派手にならず、ちょっと素敵な感じに仕上がりました。本体の箱はこの生地に合わせるものが見つからず。悩みに悩んで結局ホビーラの生地にすることにしました。ちょっと白っぽいので汚れるのが気になりますが・・・
ふたの部分には綿を入れてふんわりさせ、ふたの裏側には定規が入るようなポケットもつけました。
子供たちの持っている筆箱のようにふたはマグネットで閉まるようにしています。
中の様子はこちらから。

No.349
2008/07/05
クリップボード


カルタフィオッコさんの講習会で作った作品。
カルタフィオッコさんはイタリアンカルトナージュで、主に紙を使ったステーショナリー系の作品が多いので、1度ぜひ、参加してみたいと思っていました。
念願かなって、やっと参加させていただき、つくった作品です。
紙の貼り方のこつなど、とても勉強になりました。
花柄のペーパーに赤のクロスがとてもいい感じに素敵に仕上がりました。
No.347
2008/06/09
キャンディーBox


上置きのふたがついた箱です。ふたの裏側に内蓋があるので、ふたがずれずにぴったっと乗っかるようになっています。 外張りはソレイヤードの生地で、内張をドット生地で、ふたと台座はアクセントになるようにはっきりしたピンクのスキバルテックスを使いました。 かわいらしいものができました。職場の同僚の方にプレゼントしました。
No.346
2008/05/27
チューナーBox


以前からTVの脇の整理をするために作りたかったチューナーBox。
下段にはケーブルチューナーを上の段にはちょっとした小物入れになるような引き出しをつけました。
置く場所にぴったりサイズにするために、TVの出っ張りも考えて作りました。
生地は一応○ーバリ?
薄い生地だったので、とても張りにくかったです。ちょっと引っ張るとゆがみが出てしまって、上手に張ることができませんでした。
とても便利になりました。
No.344
2008/05/11
レターケース


お仕事を引退する方へのプレゼント用に作りました。お手紙などを入れておくケースです。以前作った両開きの箱の応用編。
外張りはプロバンス風布を使っています。少し、柄あわせをしてみました。
蓋の内側にははがきを入れるミニケースが付いています。
内張りはウールペーパーで落ち着いた感じに仕上げました。また、中には筆記用用具を入れられる仕切りもあります。
開けたところはDiaryから
No.343
2008/03/27
紙ばさみ


結婚式などの芳名帳などに使われているようなパターンで作った紙ばさみ。
イベントでカンペ紙(?)をはさんで使うために作ったものです。
金の組みひもを使ってはさめるようになっています。
たっセルは組みひもの端を細工して作ったもの。
きれいにちょっと豪華に仕上げました。
No.342
2008/03/23
キーケース


愛用していたキーケースが壊れてしまったため、実用をかねて作ったものです。
外張りは強度を考え、スキバルテックスで作ることにしました。外側が無地になってしまうので、内張にはチェックの生地で仕上げました。
金具はパーツラボさんで購入したものを、手持ちのカシメがなかったので、割ピンで止めました。カシメの方ががっちりつくと思います。

明けたところはDiaryから
No.341
2008/01/13
バスケット2


12月のレッスンで作りました。
持ち手の部分が内側でしきりになっているバスケット。 左右の蓋を開けると中央にしきりがあるしくみになっています。
持ち手の形を切り出すのにちょっと苦労しました。
外張りはデビーマムのパネル生地を使ってカントリー調に仕上げました。とっても気に入っていた生地なので、結構満足です。
No.340
2008/01/04

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

PASS

++ ページを閉じてIndexに戻ってくださいね ++
TOP
shiromuku(u)ALBUMS version 1.21