==カルトナージュのお部屋==





ようこそ! カルトナージュのお部屋へ


お教室にも通って、いくつか作品も出来てきたので、カルトナージュのお部屋を独立させました。
カルトナージュとは、フランスの伝統工芸で厚紙に布や紙を貼り、箱などを作る工芸です。


画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
古いものから別のページになっています。
下の現行ログの数字をクリックすると見られます。


画像がぼけていたりしますが、ゆっくり見ていってくださいね。



[TOP] [検索] [Admin]

ハート型バスケット


トールペイント用の素材をヒントに作ったオリジナルの小物入れです。
生地はUSAコットン。持ち手に山道テープでワンポイントをつけました。
組み立ての際、側面の厚紙がハート型の曲線にあわせたため、すこし、ひび割れしてしまいました。
薄い物を使用して貼り合わせておけばよかったかも・・・。

No.336
2007/10/24
フォトスタンド


以前カルタフィオッコさんの展示会に行ったときに購入したキットをようやく作りました。
ちょっと高級な感じに仕上げたかったので、光沢のある生地を使ってみました。
キットにはカット済みのカートン(グレー台紙)と、ウレタンがついていました。ウレタンには台紙が貼られており、カット済みでとても作りやすかったです。1時間足らずで仕上がりました。
No.335
2007/10/02
額縁風Box


9月のレッスンで作った箱。
蓋に写真などを入れる額のようなものがついています。ここの縁取りが額縁のマット風になっていて、斜めにカットしてあります。初めてのカットだったので、ゆがんだりとまだまだ課題が残る作品でした。
側面もおしゃれにスキバテックスと紙の組み合わせて一工夫。
ちなみに額の中のイラストは日記のタイトル画像にも使わせていただいているShelf fungusさんのもの。秋色が映えます。

No.333
2007/09/16
バスケット


8月最後のレッスンで作ったバスケット。蓋が両側から開くようになっています。蓋の構造は、ファイルカバーなどを作る要領と同じですが、本体と固定するためのグレー台紙をつけています。 くろすろーどのスイーツ生地にレースをつけてかわいらしく仕上げました。
開けたところはここから
No.332
2007/09/11
お道具箱2


鉛筆やカッターなどのカルトナージュの道具を入れるための箱を作りました。
蓋がそこからつながっているタイプで、蓋側面が直角三角形をしているのが、特徴です。中には小さい中箱を入れました。この中箱は蓋の所に立てかけられて、機能的にしています。
タッセルは刺繍糸で見よう見まねで手作りしたもの。結構かわいくできました。
開けたところはこちらから


No.330
2007/08/29
携帯用鏡


鞄の中に入れて持ち歩くタイプの鏡です。
今回作ったのはちょうど定期入れくらいの大きさ。
ホビーラの布で作ってみたものの、ちょっと寂しいので、レースとリボンを付けてみました。
中にも、あぶらとり紙などを挟んでおけるように、ポケットを付けて、少し機能的にしました。
開けたところはこちらから

No.329
2007/08/25
五角形箱


底が五角形、周囲は三角形の数面からなる箱です。本体を組み立てた後はひたすら貼る作業の連続。外側はエンボスの紙とバラ柄の紙。内側はホビーラの生地で、蓋にはローズクオーツをつけました。
開けたところはこちらから


No.327
2007/08/13
鏡付き箱


蓋と本体がぴたっとはまるタイプの箱。しかし・・・蓋と本体がぴたっとはいかず、ちょっと悔いの残る仕上がりでした。敗因は蓋と底の形が微妙に違った、もしくは、側面が斜めに付いてしまった事だと思われます。
中を開けると蓋の裏に鏡があります。
蓋を開けたところはDiaryから見られます。内張はウールペーパーを使って上品な感じに仕上げました。
No.326
2007/08/08
ハート型布箱


カルトナージュ教室の上級最後の作品として選んだハート型の布箱。
布箱の中では割と定番の形。1度は作ってみようと思ったので、とても楽しみでした。
もっとも苦労したのは側面の厚紙を貼り付けるところ。ハートの下の部分になるところは折り線をつけ、ハート型にあわせながら貼り付けていくのですが、長さの調節がとても難しい。上手にあわせられず、あたふたしました。
お店柄の生地を使って、なんとなく、パリのイメージに仕上げたつもり。
どうですか?
No.323
2007/07/28
多角形トレー


教室で作った六角形のトレー。
六角形を作り、土台を組み立てるまでは良かったものの、側面のサイズを合わせるのがとても苦労しました。微妙にがサイズがあわず、結局底面を最後に入れることにしました。
ぶどう柄のリバティでかわいらしく仕上がりました。
No.318
2007/06/23
シェル型箱


貝殻をあわせたような形の箱です。
曲線が多いので、1mmカートン(グレー台紙)を使って貼り合わせています。
表は天使柄の紙と布クロスを使用しています。
外側の側面が若干、ゆがんで付いているためか、しまり具合がかなりきつきつ。
直角にしっかりつけることがポイントのようです。
開けたところはDiaryから。

No.315
2007/05/28
ドーム型箱

   
蓋が丸くドームの形になっている箱です。本体と蓋がぴたっと閉まる形ですが、大きさを合わせるのに本当に苦労しました。それでも、ちょっと、蓋が大きくて、ぴたっといかなかったのが、残念です。
テープとファーをつけて完成させました。
生地はリバティとホビーラホビーレ。シックな感じに仕上がりました。
No.313
2007/05/06
カードホルダー


以前カルタフィオッコさんの展示会のときに一目惚れしたカードホルダー。
カルタフィオッコさんから無理をいってキットを譲ってもらいました。
繰り出し式のカードホルダーで、布クロス、プリントペーパーで作っています。
とてもしっかりしていて、使い勝手もよいです。きれいに仕上がりました。
No.312
2007/04/30
宝石箱


お教室で教えていただいた作品。とにかくパーツが多く、カートン(厚紙)の切り出しがとっても大変だったことと、引き出しのサイズを測りながらの箱づくりがとても大変でした。それでも引き出しはサイズが今一歩。不器用なのを再度実感した作品でした。再度挑戦したいです。
引き出しを開けたところはこちら(Diary)で見られます。
No.311
2007/04/22
窓付き箱


窓のある箱です。お教室で作りました。窓の部分は2mmのアクリル板をはめ込んでいます。箱自体はBook型と同じ作りになっています。外側をお気に入りのスキバテックス、内側は花柄のかわいらしい紙で作りました。
No.309
2007/04/07
靴下入れ


奥行きの長い衣装ケースの中にしきり代わりに使うBoxを作りました。
ちょっと高さが高いので、前面を切り落とし取り出しやすいようにしました。
結局、靴下を入れるのに使うことに。
生地は以前ちいの卒園式に作ったJSKの生地のあまりを使いました。一応、○ァミリアの生地ということで、購入した物。
内張は、ウールペーパーを使い、ちょっと上品に仕上げました。
No.308
2007/03/30
両開き箱


蓋が2つあって両方から開ける箱。
かなりたくさんのパーツがあってとっても苦労しました。蝶番の部分が難しく大変でした。でもなかなか機能的で裁縫箱などにはもってこいの感じです。
開けると中には小さな中箱が入っています。
開けたところはこちらから。
No.307
2007/03/25
窓枠付きBook型箱


お道具箱と同様にお教室で作りました。
窓枠には写真などが飾れてとてもおしゃれな箱です。縦にしても横にしてもOKです。ふたの裏側の位置を合わせるのに気をつかったけど、今までの技術で出来るものでした。窓枠の処理のしかたも覚えました。今回はピンクのスキバルテックスでかわいらしく仕上げました。
No.305
2007/03/03

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

PASS

++ ページを閉じてIndexに戻ってくださいね ++
TOP
shiromuku(u)ALBUMS version 1.21