==カルトナージュのお部屋==





ようこそ! カルトナージュのお部屋へ


お教室にも通って、いくつか作品も出来てきたので、カルトナージュのお部屋を独立させました。
カルトナージュとは、フランスの伝統工芸で厚紙に布や紙を貼り、箱などを作る工芸です。


画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
古いものから別のページになっています。
下の現行ログの数字をクリックすると見られます。


画像がぼけていたりしますが、ゆっくり見ていってくださいね。



[TOP] [検索] [Admin]

靴下入れ


奥行きの長い衣装ケースの中にしきり代わりに使うBoxを作りました。
ちょっと高さが高いので、前面を切り落とし取り出しやすいようにしました。
結局、靴下を入れるのに使うことに。
生地は以前ちいの卒園式に作ったJSKの生地のあまりを使いました。一応、○ァミリアの生地ということで、購入した物。
内張は、ウールペーパーを使い、ちょっと上品に仕上げました。
No.308
2007/03/30
両開き箱


蓋が2つあって両方から開ける箱。
かなりたくさんのパーツがあってとっても苦労しました。蝶番の部分が難しく大変でした。でもなかなか機能的で裁縫箱などにはもってこいの感じです。
開けると中には小さな中箱が入っています。
開けたところはこちらから。
No.307
2007/03/25
窓枠付きBook型箱


お道具箱と同様にお教室で作りました。
窓枠には写真などが飾れてとてもおしゃれな箱です。縦にしても横にしてもOKです。ふたの裏側の位置を合わせるのに気をつかったけど、今までの技術で出来るものでした。窓枠の処理のしかたも覚えました。今回はピンクのスキバルテックスでかわいらしく仕上げました。
No.305
2007/03/03
お道具箱


お教室で作った作品です。上級になったら、必ず作りたいと思っていた作品なので、とても楽しく作れました。いつもの箱の作り方とはちょっと違って、前面がすべてあくようになります。また、あマグネットや革ひもの付け方なども勉強になりました。
開けたところはこちらから

No.304
2007/02/28
ペン立て


お知り合いの方に差し上げたペン立てです。
この方は小学校の先生なので、お教室や職員室でも使えるようにミッキー柄の生地を選びました。帆布生地だったので、とても丈夫には仕上がったものの、のりしろ部分や折り返しの部分に厚みが出てしまい、ちょっともたついた感じになってしまったのが、心残りです。しかし、なかなか素敵に仕上がりました。
No.303
2007/02/22
ソーイングセット


オリジナルの携帯用のソーイングセットです。バック型にしており、開くと、ポケットが付いています。
アクセントにスワロのカシメをつけましたが、ボタンのかわりにはあまりならないので、ボタンでひもをしっかりとめられるようにした方が良かったかもしれません。
開いたところはここから
No.302
2007/02/19
布箱 横長


細長い布箱を作ってみました。
一般的な作り方ですが、今回はふたと本体の生地を変えてみました。
なかなか、いい組み合わせで素敵に仕上がりました。内張もウールペーパーを使い、上品な感じに仕上げました。
No.300
2007/02/11
プレゼント用箱


ちいに催促されて、お友達のプレゼントを入れるための箱を作りました。
今回は外側をスキバテックスで、内側を紙で作りました。
ピンクのスキバテックスはとってもかわいらしさを出しています。タッセルもつけて、ちょっと、上品に仕上げました。
箱を開けたところはこちらから
No.299
2007/02/06
持ち手付きトレー


お盆のような形のトレー。
上級第1作目。
持ち手の部分の練習で、大きいものの、あとの作成は今までの復習で何とか作れるものでした。持ち手の穴の回りにスキバテックスを貼り付け、厚紙の地が出ないように工夫してあります。結構この持ち手は応用がききそうです。
生地はデビーマム。なかなか、素敵に仕上がりました。

No.297
2007/01/31
ソーイングBox


ふたを開けると側面がぱたっと開くタイプの箱です。生地もお気に入りだったのでとてもかわいらしく仕上がりました。しかし〜。底の作り方が普通の箱とは違い、クロスやスキバテックスなどでないと、のりしろがないため、うまくいかないのですが、今回は底がよく分からず、布で作ってしまいました。布を使いたいときは裏うちをしてくることが必要だったようです。大失敗。生地がほつれないように、ボンドはたっぷり塗っておきました。パーツが多く切り出しが大変でした。
開いたところはこちらから。
No.296
2007/01/25
シャーリング持ち手小物入れ


台形型小物入れ。特徴は持ち手がシャーリングの持ち手になっていること。
以前作った、スカーフ入れとおそろいの生地で作ってみました。とってもかわいらしくできあがり、大満足です。
持ち手はベルト芯で作ったのですが、ちょっと柔らかい感じだったので、いつも使っている厚紙か、もう少ししっかりしたベルト芯のような物の方がいいかもしれません。
No.291
2006/12/17
曲線のある小物入れ


以前作ったオリジナルの楕円の小物入れと同じウールペーパーと生地を使って、お教室で作ったものです。曲線に切るのが難しかったです。中綿を3枚重ねにし、厚めに入れたため、かなりふんわりできあがり、とっても気に入りました。
ブリティッシュの感じに仕上がって大満足です。
No.289
2006/11/26
ミニカードース


バザー用に作った、カードケース入れ。
100均などで売っている40枚入りのカードケースのカバーを作ってみました。
子どもたちのカードなどを入れてもいいように、ちょっとかわいらしい柄の生地を使ってみました。
意外と子供っぽくならず、なかなかいい仕上がり。

開けたところは、こちらから
No.288
2006/11/11
楕円型小物入れ


オリジナル作品です。
この間、高島屋で見た小物入れをまねて作ってみました。形はまあまあ、きれいにまとまりました。型紙作りが苦労したけど。
アクセント&持ち手のつもりで背中に穴を開けましたが、ウールペーパーがきれいに貼れず、きれいな円にならなかったのが、いまいち。
ウールペーパーはボンドが所々着いてしまって、あまりきれいでなくなってしまいました。ウールペーパーの扱いをお教室で習って、再度挑戦したいです。

No.284
2006/10/16
ペン立て


フリーボックスのミニチュア版を作ってみました。見ての通り、ペン立て。
いらないときはもちろん、たためてコンパクトになり、便利です。
前から使ってみたかった、デビーマムの生地。なかなか、かちっとした感じに仕上がり、私好みです。
No.280
2006/10/01
フリーボックス


お教室で作ったフリーボックス。1回の講習では終わらず、2回講習を受け、何とか仕上げました。半径13cmくらいの大きさの円が入るくらいのボックスなので、結構大きめです。しかし、折りたたみが可能なので、いらないときには折りたたんで収納でき、とっても便利です。ゴミ箱でも、雑誌立てでも何でもできそうです。
No.279
2006/09/15
丸箱


念願の丸箱を作りました。丸く切るのがやっぱり難しかったです。今回は1mm厚のものを使って切り取り、この厚みのものを重ね、貼り合わせ、2mm厚にして、作成していったので、切った厚紙は1mm。割と切りやすい厚紙で、しかも少し厚紙を切るのもなれてきたものの、それでもなかなか上手に切ることができませんでした。また、ふたの生地を貼ったときにしわができた上に側面を貼り付けたため、ちょっとでこぼこしてしまったところが出てしまいました。見えなくなるから・・・なんて思っていたのに・・・ やっぱり仕上げをきれいにするにはそんなところにも気を配ることが大切ですね。
No.166
2006/08/14
Book型箱


春に作った本型の小物入れです。この中にハンドタオルを入れて、異動なさる方にプレゼントしました。縦にして本立てにも立てられるので、結構重宝だと思います。
No.165
2006/07/17

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

PASS

++ ページを閉じてIndexに戻ってくださいね ++
TOP
shiromuku(u)ALBUMS version 1.21